トップページへ
医院概要 診療時間・診療概要 担当専門医 人材募集 関連リンク アクセス&パーキング
 

医院概要

 

診療時間

  日・祝
午前9:00〜12:00
午後4:00〜 7:00

「皮膚科」については日本皮膚科学会認定専門医・浅野歩(女性医師)の診療時間が変則的になっておりますので、『お知らせ』等でご確認ください。なお、浅野歩が診療していない時間帯については、院長が代診いたします。

   
整形外科と皮膚科を併設した新しい医院です
次のような病気に注目し、最新の知識・経験を有する学会専門医が専門的に治療します。
 

整形外科

  1. 骨粗鬆症;骨が弱くなり、少しの外力でも骨折を起こしやすくなった状態です。比較的軽い背部痛、腰痛でも背骨が圧迫骨折を起こしていることがあり、注意が必要です。
  2. 変形性関節症:いわゆる軟骨がすりへった状態です。中高年の方で、膝に水がたまったり、O脚がひどくなったりして、膝の内側が歩行時に痛くなったりするのがこれが多いです。膝以外にも、脊椎、股関節や手指など全身の関節に起こりえます。
  3. 椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症:脊髄や脊髄からでる神経根が圧迫され、炎症をおこすことで、手足がしびれ痛かったり、筋力が低下したりする症状です。
  4. 肩関節周囲炎(いわゆる50肩):中年ぐらいの年齢でなりやすいことから、50肩とも言われています。はじめの数週間は肩の痛みがひどく、その後肩関節の動きの制限が出てきます。
  5. 骨折、脱臼、打撲、捻挫、肉離れ等、頚部から下の外傷:頭部、顔面に関しては、耳鼻咽喉科や口腔外科の分野となりますが、頚部から下は整形外科が取り扱う分野です。
  6. その他、骨関節筋肉神経に関すること全般的に扱います。
   

皮膚科

皮膚疾患については専門医以外の医師、あるいは薬局での売薬などで治療されているケースもあります。しかし、皮膚科領域の疾患は多岐にわたり、治りきらないと難治性になる可能性もあります。当院では日本皮膚科学会の専門医資格を有する女性医師が治療にあたります。症状でお悩みの方、一度受診してみてください(勤務が変則的になっておりますので「お知らせ欄」等での告知をご確認ください)。

  1. 湿疹・皮膚炎:アトピー性皮膚炎、皮脂欠乏性湿疹、接触皮膚炎(かぶれ)、脂漏性皮膚炎、蕁麻疹、赤ちゃんの乳児湿疹・あせも、手湿疹など
  2. ウイルス性疾患:帯状疱疹、単純疱疹(口唇・外陰部ヘルペス)、疣贅(いぼ)伝染性軟属腫(みずいぼ)など
  3. 尋常性ざ瘡(にきび)など
  4. 細菌、真菌感染症:とびひ、白癬(水虫)、カンジダ症など
  5. 角化症(皮膚が硬くなる病気):尋常性乾癬、扁平苔癬、鶏眼(ウオノメ)・胼胝(タコ)など
  6. 膿疱症(水泡の中に膿が存在する膿疱が多発する病気):掌蹠膿疱症など

    その他:皮膚に関する一般的な病気・症状などはおまかせください。